スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

百歳長生法 酒と寿命 

わざわいある者は誰ぞ、憂いある者は誰ぞ、争いをなす者は誰ぞ、わずらいあるものは誰ぞ、赤目あるものは誰ぞ。

これすなわち酒に夜をふかす者、ゆきて混ぜ合わせたる酒を味わうものなり。(箴言)

酒は飲むべし、飲まるるな等という飲酒家のご機嫌取りの言葉がいかに多くの人々を傷つけたかしれない。
酒の毒物であることは、今や一点の疑う余地がないのである。
少量の毒物が継続的に働く結果は、多量の毒物を一時に摂取した結果よりも恐ろしいということを記憶せられよ。

飲酒による疾病の数は実におびただしい。胃腸、心臓、腎臓、肝臓、肺臓を申すにおよばず、動脈硬化、痛風症をはじめとして脳神経の構造を害し、その他各部の抵抗力を減じ、
疾病に襲われやすい体質を作るなどは事実の証明するところにして、酒害は飲酒者一人のわざわいなるのみならず、遺伝性に富み、種々の病気を子孫に伝う。

癲癇、白痴、精神病を発せしめ、くる病、結核等に冒されやすい素因を伝えることも統計上明らかである。


四百四病のその元も
          貧の病のその原因も
                    酒でないとは言わさない。
百害、百毒、百厄の
          長と言われる酒飲んで 
                     一つもろくなことはない。


実に至言というべし。

献杯は肺結核への渡し舟、欲と酒とを敵と知るべし。(水戸光圀)

エバンス博士はかつて1アルコールを以って、病気を治しえたという科学的根拠がないことを述べ、肺炎の死亡率は禁酒家は18パーセントで飲酒家は52パーセント、すなわち飲酒家は禁酒家の約3倍多く死亡するということを発表した。

松浦医学博士は飲酒は爆弾を抱えて、火中に飛び込むより恐ろしい、向こう見ずの行為であると難じた。
また石川少将は、一滴を恐れよと叫んだ。

いまだかつて健康および長寿研究者にして酒の有害なることを是認しないものは一人もいないくらいで、酒と健康長寿には大いなる関係があるのである。

これはただ理論のみではなく、各国統計および保険会社の調査においても立証しうる明白な事実である。昨私御大典の記念の際、福島県にて敬老会を催し、70歳以上の人200人余を招待せしとき、その九割四分までが禁酒家であったという。

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/12/02 12:29 ] 百歳長生法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。