スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サプリメントの正しいとりかた 

サプリメントや健康食品は今や日本人にとって必需品といえます。
体調の悪い方だけでなく、健康な方も栄養を補う目的で摂取しています。

ところが私の見るところサプリメントのとりかたを間違えておられる方が多いのです。

ですので今回はサプリメントの正しいとりかたについて説明していきます。
サプリメントや健康食品が多数存在しますが、共通点が一つあります。
それは必ず口から入って作用するという点です。ビタミンもスピルリナもドリンク剤も全て経口摂取です。

つまり胃腸で消化吸収されることによって、その効果が表れるのです。
ですからサプリメントをとるときには、消化吸収の効率が良くなるように摂取するのが正しいとりかたなのです。

ではどうすればいいのかというと、摂取するサプリメントの種類をしぼることです。できれば一種類だけ、多くても二種類までにとどめるのです。

膝が痛いからサメ軟骨、眠れないからセントジョーンズワート、ガンの予防にスピルリナと、まるで食事のようにたくさんサプリメントを取られる方がいます。
けれどこのとり方では身体によいどころか逆に身体が悪くなってしまうのです。

なぜかというと胃腸の消化能力が限られているからです。大量の栄養を摂取しても、それらが全て吸収されるわけではないのです。吸収されない栄養は便や尿として排出されますから無駄になってしまいます。

それだけでなく多すぎるサプリメントは胃腸を傷めて健康を損ねてしまうのです。サプリメントには消化しにくくお腹に重たいものが多いので、大量摂取は消化器をいじめることになります。

『益軒養生訓』にも「肥料をやりすぎれば植物は育たない。人もまた同じ」と書かれています。補いの食品は1つか多くても2つに絞るべきなのです。

身体は一つ一つの部位からなるのではなく、全体として機能しています。一つの部分が良くなれば自然と他の部分もよくなってきます。またあなたの自然治癒力を一点に集める意味でも、種類をしぼるほうがよいでしょう。

私自身が過去に多数のサプリメントを取っていたので、このことは自分の身体で確かめています。

正しくサプリメントを取るには、その種類を一つか二つにとどめましょう。
また摂取量も記載の範囲以上にはとらないように。
そのようにすればサプリメントの栄養を完全に吸収して、記載どおりの効能が現れてきます。


まとめ

  • サプリメントは胃腸で消化吸収されます。

  • 胃腸の消化吸収できる範囲でとるのがよいのです。

  • サプリメントを取るには種類を一つか二つにとどめましょう。
【関連記事】
 ■若く長生きするための理論④ 胃腸こそ身体の根本です。
 ■食生活の養生
 ■食べるものについて①  なぜ食べ物が大切なのか?

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/10/29 13:12 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。