スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

牛乳は身体に悪いのでしょうか?① 

食事によって健康になろうという方法は、日本だけでなく世界中にあります。そのような文献を調べていきますと、あの本では身体によいといっているのに、この本ではとってはいけないということも多々あります。

 そして健康に対する是非について、牛乳ほど意見のわかれる食べ物はありません。

 ある人はカルシウム・たんぱく質を手軽に取れるすばらしい食品だといいます。ある人はアレルギーやアトピーを引き起こす因子だといいます。同じ食品であるのに人によっていっていることが実にばらばらなのです。

 では実際に牛乳は身体に良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか。
真っ白な牛乳というと、健康・元気というイメージがあります。緑豊かな牧場から届けられて、冷蔵庫に入れられます。朝はトーストや目玉焼きのお供にしますし、夜眠れないときはホットミルクを飲んでこころを落ちつけます。

 学校給食では毎日牛乳が出てきますし、ほとんどのお菓子には牛乳や乳製品が使われています。

 さて牛乳が身体に良いのか悪いのか。
 これについてはずいぶんと昔から論じられています。私の所有する昭和3年発行の養生書『日本に適する衣食住』では牛乳は日本人に不適当と書かれています。体質的に日本人にあっておらずとのことです。現在では乳糖不耐性(牛乳に含まれる乳糖を消化することができない)の観点から、伝統的に乳製品をとっていない民族が乳を飲むべきではないという考えがあります。

 一方西洋栄養学の世界では牛乳が日本の栄養不良を救う食品とされてきました。戦後の栄養改善運動のなかで、牛乳・バターや脱脂粉乳などを積極的にとるよう指導された方もおられるかとおもいます。

 中医薬膳では牛乳を「老人の渇きを癒し身体を養う」としていますし、アーユルヴェーダでは牛乳やギー(無塩バターを煮て不純物をこしたもの)は必需品です。

 そうはいってもアメリカの養生学者からは「乳製品がリウマチなどの膠原病を悪化させる、糖との相乗効果で肥満を招く」という意見がでています。

 では結局のところ、牛乳は身体によいのでしょうか。悪いのでしょうか。

 今回は複数回にわたって、様々な視点から牛乳を調べていきたいと思います。

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/09/17 14:47 ] 健康と医療 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。