スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

百歳長生法 長寿はいかにして得らるるや 

  しからば健康長寿を保ちうるかと言うに、あらゆる事に中庸を保ち、悠々自適の法則にかなった合理的生活をすることで、要するに自分の身に最も適した食物を喰いたいときに喰い、寒いときには着、暑ければ脱ぎ、遊びたいときには遊び、運動すべきときには運動し、眠るときが来れば眠り、起きる時には起き、働くときにはよく働くといった風な、自然の法則に適応した生活をしていればよいのである。

  しかしながらこれは放埓を意味するのではない、怠惰を意味するのではない、全てこれらは習慣によって整然たる本然の生活様式になすことができるのであって、普通最も困難と思わるる様な事もそれを忍び、絶えずそのことに努力を繰り返していると次第にこれに適応するような心身の組織および機能の全系統にある生理的変化が起こり、いわゆる心身が鍛錬され馴致されてついに意のままに成し得るようになる、これがいわゆる良き習慣であって習慣は第二の天性となるわけである。


 冷水浴も慣れれば、普通の人が毎日朝顔を洗わなければ食事ができないごとく、毎日冷水浴をしなければ飯が咽喉に入らなくなるといった様に、最初最も困難に考えられたこともこれを慣らしていくことによって最も容易なことになるのである。故に善いことはする、悪いことはしないという断固たる決心を以って断行するならばいかなる困難も意のごとく行われるようになる、すなわち余のいう中庸とはこの場合に初めて適合する言葉であって常にある程度までの自制、節制を伴うことは当然であって、自由奔放の生活は却って寿命を短縮することは明白の理である。

 すなわち年齢に応じてその心身に適応した生活をなすことで、例えば青年期以上の人について言えば、肉食を避け、魚食を節し、菜食を主とし、海草を食し、脂肪・たんぱく質の摂取を少量にし、美味贅食を慎み、二食主義を守り、間食大食せず、絶対禁酒禁煙、刺激性飲食物を用いず、摂欲主義を守り、早く寝てよく眠り、早く起き、自然に親しみ、新鮮なる空気に浴し、日光を愛し、冷水養生をして皮膚を鍛錬し、薄衣主義を守り、適当に働き、適当の運動をし、適当の休息をなし、水を飲み、便通を整え、楽観的で将来に希望を持ち、笑うことが上手で日に日に若くなる、元気になる、必ず二百歳まで生きるといった風なことを信じかつ守り、いやしくも健康に害あることはいかなる事情が伏在するとも断固としてこれを退けなくてはならぬ、かくする時は心身常に健全にして頭脳は明快に元気溌溂として天寿を全うし幸いなる人生の幕を閉じることができるのである。

 何らの長寿健康法を実行せずして万人が万人病に倒れ、老衰して死したるとしてもこれをもって人寿を決定することの無謀無知は論ずるにたらぬのであって、もし一人でもこの条件を満足せしめた人があって百五十歳なり、二百歳まで生きた人があったとしたならば、これこそ真の人寿の見本と見るべきものであろう。

  しからばこの人寿の見本を立派に示した人があったであろうか、コルナロのごとく老年を最も正しき生活のうちに過ごし自然の終わりを遂げたる人なきにあらざれども、その生の前半は不摂生の限りを尽くしたという具合で、悲しいことには天寿を全うしたと見るべき人は一人もいないのである。

  今これを往今の長寿者について観察するに、彼らが特別の長寿法を発見したとか理想的な長寿法を研究して人も羨むべき長寿を保ったかというに決してそうではない。ただ普通の人よりたぶんに長寿に適応した体質を備えていたとか、あるいはよき生活をしていたというに過ぎないのである。ゆえにもし完全とまでいかなくとも、彼らに合理的な長寿の術を施したらんにはなお数十年の齢を重ねしむることは誰しも推定できることと思う。

  生来健康なる人にしてもし虚弱なる人が死の苦痛より脱せんとして発奮し節制生活をなすごとく、あるいは老人または慢性病の人が療養的節制療法を取るときの決心と慎みあらば、二百歳まで生きることは、さしたる難事ではないであろう。

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/09/01 12:38 ] 百歳長生法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。