スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新鮮な空気を取り入れましょう 

 外の新鮮な空気を取り入れることは、健康を考える上で欠かせません。

身体は食べたものから作られているだけでなく、呼吸で取り入れた空気からもできているからです。
新鮮な空気は身体をすっきりさせて、よどんだ気持ちを一掃します。

ですから、屋内で作業をするときにも換気をして新鮮な空気を取り入れましょう。

 健康というともっぱら食べ物について語られることが多いです。
 しかし人が日々体内に取り入れて排出しているのは食べ物だけではありません。余りにも当たり前すぎて意識しませんが、空気も常に取り入れては排出しているものです。


 つまり取り入れる空気の種類や呼吸の方法についても養生するのが若く長生きへの道なのです。

 東洋医学では身体を支えるエネルギーである気は、食べ物から取り入れたエネルギーと呼吸で取り入れた空気から作られます。ですから空気の質によっては健康にもなりますし、病気にもなります。


 たとえば病気の治療のために、高原や山の治療所に引越しをすることがあります。「となりのトトロ」のお母さんがそうでしたね。これは山地ですと山や木々の効果で空気が澄んでいるためです。澄んだ力のある空気を取り入れることは、それだけで健康へとつながります。


新鮮な空気をとりいれるのはどうすればいいのでしょうか。


 なにはともあれ換気をすることです。屋内で作業をしていると、どうしても空気が濁ってきます。ですから夏でも冬でもこまめに換気をすることが大切です。換気をして空気を入れ替えれば、人の気持ちもシャッキリしてきます。

 

また自然の多い山や公園などにいって、深呼吸することもお勧めします。全身にたまった疲れやストレスを吐ききるイメージで行えば、スッキリして力がみなぎってきます。

 

 特に行ってほしいのが、朝起きたときに窓を全開にすることです。
 早朝は空気がもっとも澄んでいる時間です。大都市であっても朝の空気を深く取り入れることは、健康にプラスとなります。また寝ている間に部屋の空気がよどんでいるため、それを外にだして冷えた空気に当たれば、気持ちの良い一日が始まります。

 

 新鮮な空気を取り入れること。とくに早朝の空気にふれることは素晴らしい効果があります。
お金もかからず簡単に出来ますので、一度お試しください。

 

まとめ

 

  • 空気の質や呼吸の方法も若く長生きに関係があります。

  • こまめに換気をして空気を入れ替えてください。

 

  • 朝起きたら窓を全開にしましょう。早朝の空気があなたを若返らせます。

 



ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/08/03 18:35 ] 長生き生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。