スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

絶食・偏食ダイエットでは美しくやせられません。 

No.651 ジャガイモ畑で
Photo by (c)Tomo.Yun

短期間で目に見える効果を求めて絶食や極端な偏食をされる方がいます。
一日の食事をサラダ一盛りだけにしたり、食べ物をりんごしか食べなかったり。

この種のダイエット方法について、絶対にお勧めしません。
なぜならやせることはできますが美しさを損なうからです。
ダイエットの目的が美しくなることなら、絶食・偏食ダイエットはあってはならない選択なのです。
食べ物というのは生命を支える根本です。
それをなくしたり、極端に偏らせたりすれば身体に偏重をきたします。
栄養不足というのは短期間でも身体に大きな影響を与えるのです。

東洋医学では食べ物は胃や腸で消化吸収され、水穀の精微という栄養にかわります。
これが全身に送られて身体の成長・発育・代謝をささえます。
この水穀の精微が少なくなると、血の不足(血虚)の症状が起こります。

具体的には「髪が細くなってパサパサしてくる、抜け毛が増える」
「肌に潤いがなくなりつやがない」「手足が冷える」
「めまいや立ちくらみが起きやすくなる」などです。

このことは私自身が、養生医学における断食で体験しています。
他にも視力の低下や疲れやすさなどがありましたが、食事を戻してしばらくすると治りました。

断食や生菜食というのは胃腸を休ませたり、病気の人が健康になるため、また宗教的な理由でおこなわれるものです。ですのでやせるために行うものではありませんし、美しくなるためにすることでもありません。

ダイエットを目的にカロリーを減らすのならば、偏食ではなく和食を食べてください。
日本古来の和食は現代西洋食よりずっとカロリーが少ないのです。ですから食べているだけで健康になり、適切な体重までやせていきます。

また噛むことを意識してください。よく噛めばかむほど、少量で身体が満足できるようになります。噛む回数を増やせば精神も落ち着き、甘いものに手が出る回数も減っていきます。

階段をあせって飛ばし飛ばしに上がれば、どこかで足を引っ掛けます。ゆっくりと一歩ずつあがることが、安全確実だと知っていてください。

美しくなるためにダイエットをされるのなら、絶食・偏食ダイエットは必ずやめてください。

まとめ

・絶食・偏食ダイエットでは美しくやせられない
・和食を食べる・良く噛むことが食事のダイエットです。

【関連記事】

 ■健康で美しくなるための四つの原則
 ■効率よくやせる方法
 ■朝ヨーグルトが美容を損ねる
 ■緊張・ストレスが甘いものを食べさせる

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/07/15 22:00 ] 美しくなる養生医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。