スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

布団の中でできる免疫力強化法 

No.727 高原の夏
Photo by (c)Tomo.Yun

健康になるには自分の免疫力(生命力)を高めることです。
またストレス・過労・過食・睡眠不足などで、生命力を減らさないことも重要です。

そうはいっても現代人の生活は生命力を減らすことばかりです。
毎日が忙しく、健康に費やせる時間も少ないでしょう。

そこで布団の中でできる生命力強化法を紹介します。
非常に簡単で誰にでもできます。時間もそれほどかかりません。

朝の起床時と夜の就寝時に1回5分程度行えば、
あなたの生命力が目に見えて高まってきます。

方法

①身体の力をぬいてリラックスした状態で、あおむけになります。
手と身体の間・足の間は楽な姿勢になるよう少しあけておきます。

②目を閉じてこころを静かにし、右手に意識をむけます。
静かに右手を意識していると、手のひらに血液が流れていることが解ります。
それがあなたの生きているという感覚、すなわち生命力です。

③右手の生命力が感じられたら、左手・腕・足・胸・お腹という具合に、身体の各部に意識を向けていきます。このとき決して強く集中しないでください。全身をふわっとさせながら、軽く意識をおくようにします。一つの部分に15秒程度行ってください。

④次に足元から頭部にかけて、意識を波のようにかけ巡らせます。
10秒から20秒程度かけて頭頂まであがったら、今度は同じ時間をかけて頭頂から足元まで意識を動かしていきます。これを2~3回繰りかえします。

このとき必ず足元から始めて足元で終わるようにしてください。
絶対に頭頂でやめないように。頭部にエネルギーがたまると良くありません。

⑤最後に全身の生命力を感じてください。
こころを静かにして、全身を観察します。血液の脈動を感じ、呼吸のたびに身体が生きていることを実感してください。この感覚を数分間保ったら終了です。
朝ならばゆっくりと起き上がり、夜ならばそのまま眠ってください。
全身の細胞にエネルギーの満ちているような感じがしたら、とてもよくできています。


この方法はエックハルト・トールのインナーボディを感じる方法を、私なりにアレンジしたものです。生命力の強化だけでなく、こころの雑音を弱めるため瞑想の補助にもなります。

せわしない現代社会では、生命力を強めるにも効率の良い方法を選ばなければなりません。毎日の生活の中で、ぜひともお試しください。

【関連記事】

 ■健康貯金してますか?
 ■身体の緊張をとれば生命力が高まる
 ■早寝早起きこそ若く長生きする切り札です。
 ■朝の深呼吸でエネルギーを充填する

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2011/05/25 20:55 ] 長生き生活 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/09/04 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。