スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康食品をとっても摂生しなければ効果は出ない 

No.3133 牧草ロール
Photo by (c)Tomo.Yun

多くの人が健康食品を常用し、人によっては毎月多くのお金を使っています。
しかし健康食品をとりながらも、その効果を発揮させているかたは稀です。
大抵の人は効能書きに書かれているような効果は感じられていません。

もしもあなたがサプリメントや健康食品の効果を最大限に味わいたいのであれば。
食べる時間や量・吸収率を気にするだけでは足りません。

なぜなら健康食品をとっても、日常を摂生しなければ効果は出ないからです。
唐代の医聖 孫思ばく が書いた『千金要方』にこのようにあります。
「常に薬餌を服食しても、養生の方法を知らなければ長生きすることは難しい」

人間の身体はいわば一つのコップです。
中には生命力(気)が入っていて、歳をとるごとに少しずつ減っていきます。

気功やヨーガ・早寝早起き・少食・よく噛むことなどの養生法を行うと、気が足されます。
逆に夜更かし・目の使いすぎ・過食・糖質や脂質の取りすぎなど不摂生をすると、気がもれていきます。

コップの中に生命力を貯めることが重要です。
生命力の多寡によって、あなたが元気であったり若く見えたりするからです。

そして長寿のための漢方や健康食品・サプリメントも、
養生法と同じく気をプラスする効果があります。

ですから健康食品の効能を現したいのであれば、プラス効果を打ち消さないようにしましょう。いかに高額の健康食品を食べたとしても、暴飲暴食を繰りかえしていては意味がありません。

高い健康食品をとりながら不摂生をすることは、お金の無駄といわざる得ません。
これはエステや化粧品といった、美容にも通じます。

健康食品やサプリメントをとるのであれば、同時に日常生活へ養生を取り入れましょう。
せっかくお金を払ったのであれば、より効果が発揮されるようにしたほうがお得というものです。

【関連記事】

 ■サプリメントの正しいとりかた
 ■体脂肪を効率よく減らすコツ
 ■水飲み健康法は日本人に向いていない
 ■食事が益から害に変わる理由

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2011/03/01 22:06 ] 健康と医療 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。