スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝食バナナは生理痛を悪化させる 

No.6196 バナナの房
Photo by (c)Tomo.Yun

朝食にバナナを食べる生活を続けていると、生理痛が悪化することがあります。

バナナの消費量は増えているのは先日はやったバナナダイエットの影響だけではありません。というのもバナナはとても便利だからです。

一日三食を食べたいけれども時間のない人にとって、むくだけですぐ食べられるのは魅力的です。どこにでも持ち歩けますし食べる時間もほとんどかかりません。それでいて果物ですから菓子パンや栄養補助食品よりずっと健康そうに感じられます。

特に女性には朝食をバナナとヨーグルトで済ませている人がけっこう見られます。

けれど待ってください。健康にいい食べ物をとっているのに体調が悪くありませんか。クーラーで妙に冷えたり、生理痛がひどくなっていると思いませんか?

実はバナナは女性の生理痛・冷え性を悪化させてしまうのです。

東洋医学ではバナナは寒性をもつと考えます。寒とは冷やす作用のことです。本来南方の暑い地方で取れるバナナには、現地の人が暑さを耐えられるように冷やす作用が強いのです。

身体を冷やすと血液が流れにくくなります。血液が流れにくくなると血がよどみ、お血(東洋医学でいう悪い血のこと)ができてしまいます。

このオ血が下腹でたまると、差し込むような生理痛が生じたり血の塊が出たりします。また下半身の血の流れが悪くなれば、足元が冷えてきます。さらに下腹のお血が長期間にわたって続くと、子宮筋腫や子宮内膜症を起こしてしまいます。

バナナは本来南方の暑い地域に住んでいる人が食べるものです。日本のしかもクーラーをよく使う人はあまり食べるべきではありません。身体の動かさないデスクワーカーは普段から血の流れが悪いため、特に避けるべきです。

身体に熱がこもって口が渇きやすい・便の出が悪い人にはおすすめしますが、冷え気味で月経痛のある女性にはおすすめしません。

もしも時間がない中で朝食をとるのなら、バナナではなくおにぎりにしてください。駅や商店街のおにぎり専門店で買うのが一番ですが、コンビニのでもかまいません。そのほうがずっと身体によく、体力もついてきます。


まとめ

  • バナナは身体を強く冷やす作用があります。

  • 冷えると血の流れが悪くなり、冷え性や生理痛を悪化させます。

  • 朝食を食べるなら、おにぎりが最も健康によいものです。


4479781420 ごはん美人のススメ 女性のための粗食生活
幕内 秀夫
大和書房 2006-02-17

by G-Tools


ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/07/07 13:11 ] 健康と医療 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。