スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの苦しさは比較することから始まります 

No.7199 仁和寺 金剛力士像
Photo by (c)Tomo.Yun

生きている中で「辛い・苦しい」という思いはどこから生れるのでしょうか。
それは比較をするところから生じます。
自分と他人を比較する。
金銭・地位・名声・容姿・健康・技術など。

また現実の自分と理想の自分を比較する。
本来あるべき・そうでなければならない自分と現実の自分を。

比較のこころが起こると、とたんにあなたの人生は苦しみやみじめさに覆われます。
あなたがテレビを見ていると、知人がテレビに出ていました。
彼(彼女)は大金を手に入れたり、あるいは仕事で大成功しています。

その情報を聞いた瞬間に、あなたは自分がちっぽけで惨めでたいした事のないような感覚を覚えます。その情報が入ってくるまでは感じなかった欠乏感-私にはあれやこれが足りていないという思い-があなたをさいなみます。

「あの人は私よりもお金をたくさん持っている」
「あの人は私よりも健康で元気だ」
「あの人は私よりもきれいでちやほやされている」

比較する思いの後には、自分に対しての否定が現れます。
「私はあの人に比べて貧乏だ」
「私はあの人に比べて身体が弱い」
「私はあの人に比べて不美人だから人にちやほやされない」

他人との比較は自己肯定感を損なうとともに嫉妬心を作り、あなたをひどく苦しめます。

また現実の自分と理想の自分を比較したときにも、同様に苦悩します。
「私はこんなはずではない」「私はこんなものであってはならない」という
自己否定が身心を蝕みます。

比較することは苦しみを呼び起こします。
こころの苦しみはあなたの身体を損ないます。
ですから健康であることや幸福な人生を望むのならば、
比較することを減らさなければなりません。

もちろん比較することをやめようとしても、簡単にやめられるものではありません。
まずは意識してこころを静めることです。
すると自分のこころに対して鋭くなります。

自分が他人や理想の自分と比較していると気づけるようになります。
気づいた瞬間に、嫉妬や自己否定をほっておくようにするのです。

比較の気持ちに焦点を当てない。それを消そうとも思わない
ほっておけばあなたの辛さ・みじめさは消えていきます。


あなたにお金の無いことがみじめさを生むのではありません。
あなたに力のないことが悲惨さを感じさせるのではありません。
ただあなたのこころが苦しさを感じているにすぎないのです。

だからまずはこころを静めてみましょう。
そうすればいつのまにか、以前よりも苦しさが少なくなってくるでしょう。

【関連記事】

 ■呼吸を観察すればこころが静まる
 ■幸福と安心はあなたの内側にこそある
 ■怒りを減らす原因と結果の法則
 ■こころが疲れたときは自然にふれてみましょう。

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2011/02/07 23:43 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。