スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

養生とは何なのでしょうか? 

No.539 この秋の実り
Photo by (c)Tomo.Yun

養生とはいったい何なのでしょうか?

食事を摂生すること。
規則正しい生活を行うこと。
日々運動をこころがけること。
穏やかに楽しんで生活すること。

これらは養生の一つの面です。その全てを現しているわけではありません。
では養生とは短い言葉で表現するのなら、何と言うべきでしょうか。

私はこのように考えます。

「養生とは変事に備えて身体を鍛えること」

「養生とは変事を必要とせず身体を鍛えること」
養生とはそもそも「命を養う」という意味です。
命を養うとは、生命力を高めることです。
同時に生命力を損なうような行為・事象をさけることでもあります。

なぜ養生をするのかと言えば、変事(逆境・トラブル・災難など)に備えるためです。
こころと身体はひとつながりです。肉体が弱ければ、小さなことでもこころが折れてしまいます。

逆に肉体が強健であれば、逆境のもとでも立ち上がることができます。最後の最後で最も頼りとなるのは、あなたの身体です。それゆえにあなたは養生をして命を高めるべきなのです。これが「養生とは変事に備えて身体を鍛えること」の意味です。

そして「養生とは変事を必要とせず身体を鍛えること」とはどういう意味でしょうか。
「変事を必要とせず」とは、備えるという理由がなくともおのずから命を高めるということです。

孔子の残した「己の欲するところに従えども矩を踰えず」とあるように、努力することなく自動的に養生をするのです。「健康になりたいから・いざというときのために」ではなく、生活が自然と命を高める方向に向いている状態が最良です。

また「変事を必要とせず」には、養生という行為そのものが変事に会わないという意味もあります。養生とは命を損なう事象をさけることですので、命を高めて清まれば危険・苦難・不幸にあうことも少なくなります

もちろん健康で穏やかであれば絶対に不幸にならないというわけではありません。けれど病気がちであったりイライラしやすい方よりは、トラブルに遭遇することは少ないはずです。

一口に養生学といってもその内容は奥深いものです。
無病長寿を求めて励んだ、数千年にわたる人類の知識と技術なのです。
ただの健康法・誰でも知っている常識とあなどってはいけません。

もしもあなたが健康を欲するのなら、先人の英知を参考に養生学を学ぶことをお勧めします。

【関連記事】

 ■健康で美しくなるための四つの原則
 ■一点突破で健康になろうとしない
 ■健康法に難しい話はいらない
 ■健康なるための二つの能力

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2011/01/23 22:05 ] 長生きの基本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。