スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

整理された部屋が心身を健康にする。 

No.2133 ホンソメワケベラ
Photo by (c)Tomo.Yun

心身の状態が部屋の状態と関連していることに気づいていますか。
ちらかった部屋にいると、こころが不安定になります。
同時に身体の調子も悪くなってきます。

逆にきれいに整理された部屋で寝起きすることは、身体にとって大いに益があります。
こころと身体をすっきりさせるためにも、部屋の整頓をしてみませんか。
なぜ整理整頓が健康によいのでしょうか。
一つは人間は自分の見ている光景に強く影響をうけるからです。整理された部屋にいると、こころも落ちついてきます。乱れた部屋ではこころが落ち着かず、思考も絡まってきます。こころと身体はひとつながりですから、こころの不安は直接身体に作用するのです。

また物が多いと部屋の空気の流れも悪くなります。すなわち空気が淀むのです。
養生学では窓を開けて新鮮な空気を取り入れることを推奨します。
換気をしない濁った空気は身体にとって悪影響を与えるからです。

また気功の観点から言えば、部屋に物が多い・散乱しているとは、部屋の気の流れが滞っていることを意味します。家の入り口から入って窓からぬける気の流れは、通路に物が置いてあったり、床に物が落ちているとさえぎられます。

運の悪い人、貧乏な人ほど家や部屋がごちゃごちゃしています。家には家の気の流れがあり、それを阻害すれば住んでいる人の気も落ちていきます。開運の方法として掃除や整頓が言われるのもそのためです。

特に寝室に関してはできるだけ整理するべきでしょう。人は寝ている間、衛気(東洋医学で言う外の邪から守るバリヤー)が引っ込みます。様々な作用に無防備になるため、寝室が汚れていると、その働きをダイレクトに受け取ってしまいます。


健康に良い食事をこころがけながら、ちらかった部屋に住むのは養生の片手落ちです。
健康を多面的に考えるのなら、住んでて気持ちの良い部屋にあるのがよいでしょう。

掃除をすると思考がクリアになるとともに、身体にも活力が湧いてきます。最近どうも頭が回らない、気分がすっきりしないというひとは、一度部屋を整頓されてはいかがですか。

【関連記事】

 ■若く長生きするための理論② よい物を取り入れ、よくない物を排出すること
 ■健康と住居の関係性
 ■新鮮な空気を取り入れましょう
 ■北枕で寝れば血流がよくなる。
FC2ノウハウ

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/10/30 17:27 ] 長生き生活 | TB(0) | CM(5)

はじめまして。記事と関係ないコメントで申し訳ございません。

最近、瞑想やヨーガを実践しようと考えておりますが、書店などでは雑多な本が百花繚乱しています。初めてなので、個人的にはDVDつきのものを購入する意思でおりますが、養生先生の「瞑想とヨーガを行う上で役に立つ本の紹介」という記事では、そのような書籍の紹介が見られませんでした。

やはり、DVD書籍のような形式のものでは本質を伝えるのに限界があるものなのでしょうか。もし、養生先生が推薦なさっている瞑想・ヨガ関係のCDないしDVDつきの書籍があれが教えていただけると幸甚に存じます。
[ 2010/11/01 11:58 ] [ 編集 ]

こんにちは にもた様

こんにちは にもた様。
返信が遅れましたことお詫びします。

瞑想やヨーガについての本・DVDのことですが、まず全ての技術は師につかなければなりません。
養生訓にあるように、気功や武術から内職のたぐいまでおよそ習い事は先達につくことが必要不可欠です。

特に瞑想は方法を間違えると偏差(気功から発生する病気)や自律神経失調症・うつ病などがおきるため
先生につくことは安全のためにも大切です。

しかしながら距離的・金銭的に適切な師につけない人にとって
本やDVDはとても参考になります。

私個人としてお勧めするのは「気功革命 秘伝・伝授編」の1と2です。
ヨーガより健康等の効果が早く、独習するのならこれが一番かと思います。
値段は高いですが、他の気功関連よりも確実です。

ハタヨーガは伝統を踏まえているならどれでもいいかと思いますが、
綿本彰先生の本が実践的でしょう。

瞑想ならば「実践 ブッダの瞑想法―はじめてでもよく分かるヴィパッサナー瞑想入門 」
が取っ掛かりにいいと思います。
初学の道具が最後の鍵とはなりませんので、いずれ別の瞑想の師につく必要がありますが、
始めとしては偏差の起こる可能性も少なくお勧めです。

また当ブログのリンク先「ラマナ・マハルシの教え」さんにラマナの教えた真我探求の
非常に具体的な方法と解説が掲載されています。
それを実践されることはとても価値があるでしょう。
[ 2010/11/03 14:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/04 00:52 ] [ 編集 ]

にもた様へ

にもた様へ。

不特定多数が閲覧する場ではコメントしがたい話もありますので、
もしよろしければ当方のメールアドレスにご連絡ください。

メールアドレスはブログ右上の「原稿依頼 承ります」に
記載されています。
[ 2010/11/05 14:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/05 20:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。