スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冷水摩擦で健康と美容を作る 

No.1079 白糸の滝
Photo by (c)Tomo.Yun

大正・昭和の養生書をひも解けば、
必ずといっていいほど名前のあがる健康法があります。

お金もかからず誰でもすぐに実行できます。
病気の予防だけでなく、病気治療や美容にも効果があります。
しかも下手な健康食品や薬より、すばやく確実に効果を発揮します。

その健康法とは何かといえば
ずばり冷水摩擦です。

冷水摩擦とは水につけたタオルを強く絞り、身体を強く擦る健康法です。
全身の気血を巡らし、皮膚を鍛え、内臓を強化します。
さらに気血水の停滞を押し流すことにより、美容に対しても大きな効果を発揮します。


そしてこの冷水摩擦ほど、世に知られながら実行されない健康法もないでしょう。

多くの人にとって存在は知っているものの、自分でやろうとは思わない健康法だからです。「めんどうくさい、寒い、地味、年寄りくさい」といつの時代も敬遠されてきました。

ところが冷水摩擦は驚くほどの効果をもっているのです。
以下昭和初期の養生書『百歳長生法』より抜粋です。

「冷水養生は血液の運行を盛んにし、皮膚を凝固にし、精神を爽快にし、
忍耐力を増し、注意力・記憶力を増し、呼吸器を健全にし、食欲を進め
消化を盛んにし、皮膚を清潔にし、皮膚病を予防し、新陳代謝の機能を
盛んにするなど、その効能は枚挙に暇がないくらいである」


やり方は至って簡単です。

朝起きるとタオルをもって風呂場に行きます。
桶に水をはり、タオルをぬらして強く絞ります。

絞ったタオルで首から腕にかけて強く擦っていきます。
腕の前面後面が終わったら、一度桶に入れてすすぎます。

再び強く絞って胸と腹を強く擦ります。
終わったら桶ですすぎます。
次に背中と腰、そして下半身と擦ってはすすぐを繰りかえします。

最後に桶の水を入れ替えて、頭からかぶれば終了です。
終わった後は全身の気血が巡ってポカポカとし、手足が温かくなっているでしょう。

効果が高くお金もかからない。
時間も短く、動作に慣れれば10分もかかりません。

健康食品であったりジムでのトレーニングもいいですが
このような身近で確実な健康法こそ最も取り入れるべき養生の道です。

これから寒くなる冬に備えて、風邪の予防にとても効果があります。
1日10分を冷水摩擦に使ってみませんか。

【関連記事】
 
 ■若く長生きするための理論① 全身の流れを良くすること
 ■健康法を理解するために-補法と寫法の概念-
 ■レトロな健康法こそ効果あり。
 ■青竹踏みで冷え性をのりきる

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/10/04 14:12 ] 長生き生活 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/12/01 13:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。