スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やせたいのならお米を食べなさい 

No.299 雲流
Photo by (c)Tomo.Yun

やせたいと思うのなら、食事はお米を中心にすべきです。

お米を食べると太るという俗説がありますが、私の経験上お米を食べて太ることはありません。パンやパスタを常食したほうがもっと太ります。もちろん同じ程度の量を食べた場合の比較ですが。

日常生活の食べ物を変えてやせたいのなら。
主食はお米にするのがベストです。
さらにみそ汁を中心に、和食のおかずを食べるのなら言うことはありません。
パンやパスタといったカタカナ食、お米にかわる食べ物は油を多く使用します。油を多く取り入れると、体内で湿痰(身体の中の余分な水分)に変わります。東洋医学では湿痰を肥満の原因と考えています。

適度な量の脂質は必要ですが、湿度の多い日本ではヨーロッパほど多くの油は必要ありません。トーストのマーガリンにバター、パスタのオリーブオイルなどは、たまに食べる分にはよくても毎日は多すぎるのです。

湿痰がたまると全身の水の巡りが悪くなります。消化器が弱ってむくみや冷えが起こり、それに伴って血液の流れも悪くなります。月経痛やシミ・目の下のクマなども現れます。

一方で和食ですとあまり油を使いません。野菜を中心としており、内容も健康的です。古来より日本で伝統的に食べられてきた料理ですから、日本の気候に合った内容なのです。

油という面だけでなく、カロリー量からも和食のほうが少なく抑えられます。
お菓子でも洋菓子より和菓子のほうが少量で満足感を得られるでしょう。

油の多い食事をとりながら、やせたいと望むのは厳しい話です。
もしも食べ物を減らさずにやせたいというのなら、まず主食をお米に変えるべきでしょう。

【関連記事】

 ■食べるものについて⑤ 具体的に何を食べればいいのか(主食)
 ■健康の秘訣はお米を食べること
 ■夏の玄米は胃腸を損ねる
 ■菓子パン・栄養補助食品では食事にならない

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/09/02 15:30 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。