スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

運は食なり-水野南北- 

水野南北
Photo by (c)Tomo.Yun

「運は食なり」と喝破し、食事を少なく粗食にすれば運がひらけると断言した水野南北。

「黙って座ればぴたりと当たる」と言われる程の腕を持ち
観相に関しては必ず食事の内容と多寡を訊ねたそうです。

水野南北とはいったいどのような人物だったのでしょうか。
水野南北(1757~1834)は江戸時代中期から末にかけて、大阪・京都にて活躍した人相見です。

幼名を鍵屋熊太といい、札付きのごろつきとして酒・博打・喧嘩に明けくれていました。ある日天満橋の大道易者より「貴公、面上に剣難の相あり、気をつけぬと災いが一年以内に起こる」と告げられます。実に覚えがある熊太は死にたくない一心で、一年間を何とかすべく禅寺を訪れて入門を乞いました。

禅寺の和尚はやくざ者の熊太に修行の厳しさを説きます。
そして「これから一年米の飯を口にせず、白豆ばかりで過ごせたら入門を許そう」と言いました。

元来思い立ったら行動をする熊太は、これより一年大豆と麦のみで過ごしました。
そして1年後再び大道易者に出会い、剣難の相が消えていることを告げられます。
何ゆえかと考えたところ、一年米飯を口にしなかったがゆえに、天地に陰徳が積まれ天録が書き換えられたのでした。


この事件に興味を覚えた熊太は、大道易者にして密教の僧である海常律師より相法を授かります。その後諸国を巡って観相の修業をし、仙道や呼吸法・神仏の教えを学び水野南北と改名し京都にて家を構えました。

後年になって観相がときおり当たりそこなうことを悩み、伊勢にて水垢離や断食の修行を行います。

長期にわたる修行の最中、伊勢神宮の外宮にて祭りたる豊受大御神(とようけのおおみかみ)の神託を受けて「命こそが運なり。食こそが命なり。すなわち食こそが運なり」との悟りを得ました。

ちなみに豊受大御神(とようけのおおみかみ)は記紀神話より五穀を司る食の神です。

こののち南北は観相は一人に対して一生に一度と決めました。全身を観察してから食の内容と多寡を聞き、相の悪き者には運を開くよう食事を指導し、相の良い者にはそれを維持するよう食事を指導したといわれています。

水野南北の人相学を現した「南北相法」、南北の食による開運法を現した「南北相法脩身録」は、今をもっても全く色あせることのない名著です。

とりわけ「南北相法脩身録」儒・神・仏の三教を学び食による運の改善を何度も何度も強調しているため、およそ運気の高まることを望む全ての人々に益ある書物といえるでしょう。。


【関連記事】

 ■食事を少なくすれば運気が開く
 ■百歳長生法 1日2食主義は延命長寿の秘訣
 ■長生きできる食事の量② なぜ少食にすると健康になるのでしょうか?
 ■噛んで大健康になった大富豪 フレッチャー

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/08/25 15:37 ] 水野南北 | TB(0) | CM(2)

まったく、その通りですね。

水野南北さんという人は、健康と食事について、知ろうとすれば、よく、出てくる名ですね。

食によって、幸にも不幸にもなるということは、とてもよくわかります。

しかし、ともすれば、惰性に流されやすいわたしなど、食を制することのいかに難しいかを、長い闘病の中で、いやというほど、思い知らされました。

久しぶりに水野南北さんにあえて、喜んでいます。
ありがとうございました。



[ 2010/08/28 11:27 ] [ 編集 ]

はじめまして、太助さん

はじめまして、太助さん。
コメントありがとうございます。

南北の思想は実にシンプルですが、実行するにはなかなかに厳しいものがあります。
そうはいっても何かをするには相応の代価を払う必要がありますので
健康・開運にはある程度、食事の節制も必要です。

しかし美味美食は貝原益軒も楽しんだものですから、
健康を維持しながら美味しいものを食べることは可能なわけです。

気功やヨーガなどの運動に、日常生活の節制・こころの安定があれば
厳重な食事制限がなくとも病気は良くなってきます。

生きることは楽しむことですから、美味しいものを食べながら
健康にやっていきたいものですね。
[ 2010/08/28 14:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。