スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こころの食べ物に気をつけていますか 

No.312 月の森の朝
Photo by (c)Tomo.Yun

健康を求めるうえで身体の食べ物に注意している人は多くいます。
ところがこころの食べ物については、気にしていない人が大半です。

身体とこころはひとつながりです。こころにとって良くないものは、
身体にとっても良くありません。
ではこころの食べ物とは何なのでしょうか。

それはあなたが日常的に接している情報のことです。
良いこころの食べ物は、あなたのこころを穏やかにさせたり喜ばせる情報です。逆に悪いこころの食べ物は、あなたを騒がせたりイライラさせる情報です。

例えばテレビのニュースを見てみましょう。殺人事件や強盗事件についての情報が詳細に知らされます。このような情報はあなたのこころを不安定にさせるのでよくありません。

人をいじめて笑いをとるバラエティや暴力・うそを推奨するようなドラマもそうです。インターネット上の無意味な論争や、中傷・罵倒もあなたの気分を嫌なものにします。芸能人や政治家のゴシップ、病気について痛みや辛さを強調して不安をあおる記事も良くありません。

気の観点から言うと、気とはすなわち情報のことです。悪い情報は悪い気そのものであり、こころだけでなくあなたの身体にとっても危険です。人の体調は接している情報によって驚くほど変化するのです。

朝起きてテレビをつけると嫌なニュースの報道を見ます。すると一日が悪い情報で始まるために、その日の気分が落ちてしまいます。
日中はネットのニュースを見たりメールのやり取りでこころが落ちつきません。
そうして夜寝る前にニュースを見て嫌な気分で一日が終わります。
一日中悪い情報に接する生活は、健康という意味ではまったくお勧めできません。

とりわけ食事中に悪い情報に接するのはダメです。
食事とは外のエネルギーを体内に取り入れる行為です。このとき身体が外に対して開かれています。そんな時に殺人事件や戦争に関する情報に当たると、悪い気がダイレクトに身体に入ってきます。

最も恐ろしいのは病気に関する話題です。「痛い・しんどい」と食事中に話すのは、相手に悪い病気をあげているようなものなのです。

元気になることを望むのなら、こころの食べ物についても考えるべきです。
ニュースや新聞は本当に必要な記事だけを読み、それ以外の情報は見ないようにしましょう。
事件やゴシップに関わることなく、あなたのするべきことを楽しくおこなうのが最善の方法です。

【関連記事】

 ■努力することにうんざりしているあなたへ
 ■痛い・つらいの言葉が病気をまねく。
 ■こころの沈黙が生命力を高める
 ■こころの改善だけで病気は治らない

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/06/03 16:01 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。