スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

精力を強くしたければ生命力を高める 

No.301 伝説の聖地
Photo by (c)Tomo.Yun

男性にとって精力の低下は一大事です。美しい女性を見ても魅力を感じない、朝起きるときに元気がない、おしっこの勢いが弱いなど。

精力が弱くなると自分自身が弱くなっているように感じられます。また自信も無くなって来ます。

そのため多くの男性は精力を高めるために、薬を飲んだり運動をしたりしています。
しかし本当に精力を高めようと思うのなら、精力とはいったい何なのかを知らなければなりません。

精力とは何かを知ったうえで、高めるためにはどうすればいいのかを論理的に考え実行するのです。やみくもに精力剤を飲んでも思うような結果はでないでしょう。

では、はたして精力とはなんなのか。

すなわちあなた自身の生命力なのです。
精力は東洋医学では腎精とも呼ばれる、人体を成長させて行動させるエネルギーです。脳や骨の成長発育に関連する若さの源です。
男性は精という自身の生命力を使って子供を作り女性と性行為をするわけです。

「英雄色を好む」という言葉にあるように、精力にあふれた男性はエネルギーに満ちています。逆に精力の弱い男性は足元もおぼつかず浮ついています。
バリバリと仕事をして人生を楽しむには生命力がたくさんあること、すなわち精力が強いことが必須の条件なのです。

ではなぜ多くの男性は精力が低下してくるのでしょうか。

それは第一に老化です。老化により生命力がなくなってきているからです。
また過度のストレス・緊張による精神的な問題やや食事の不摂生による胃腸の不調からも生命力は無くなって来ます。

とりわけ現代社会ではデスクワークによる運動不足、仕事による大きなストレスなど、生命力を減らすことであふれています。さらにあなたの行う不摂生や暴飲暴食が生命力を削ると、精力が枯渇してくるのです。

ではあなたが精力を高めたければ何をすればいいのか。
あなたの身体自身が持つ生命力を高めることです。つまり節制し鍛錬するのです。

具体的には
  • 早寝早起きをする
  • 食事をよくよく噛んでおこなう
  • 食事は7分から8分でとどめる。
  • エレベーターや車を避けてよく歩く。
  • 身体と心をリラックスさせられる時間を持つ
などです。

また生命力を削らないために
  • 夜更かしや徹夜をしない
  • 過食は絶対に避ける
  • 休日を寝るだけで終わらせない
などがあります。

精力剤を飲むのもいいですが、根本の生命力を底上げしないかぎり元気になることはありません。
もしも精力を向上させようと決意されたなら、まずは生活を改善すること、すなわち養生することを強くお勧めします。

【関連記事】

 ■若く長生きするための理論③ 生命力を身体に貯めること
 ■胃腸を強くする方法
 ■男の生命力はお尻でわかる
 ■百歳長生法 1日2食主義は延命長寿の秘訣

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/04/26 14:23 ] 精力 | TB(0) | CM(2)

たぶん違います。
生命力とは不摂生から来るのです。
もう限界だ!!と思ったとき精力が湧きます。
人間は利己的遺伝子から子孫を遺そうとするのです。
自分の限界を超して、復活が出来れば生命力が上がります。だらだらと体に良い事ばかりをしていれば、
だらだらと長生きするだけだと思います。
[ 2010/09/29 04:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

陰極まれば陽へと変化するように、
限界のところから生命力がわき起こることもあります。
ただそのような形で健康を作られる方は少数です。

養生学はより大多数の人が行える安全な道ですので、
自分を追い詰めてなすような方法はお勧めできません。
[ 2010/09/29 15:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。