スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生野菜のサラダがあなたを太らせる。 

No.1144 新玉キャベツ
Photo by (c)Tomo.Yun

オーガニックな食事を好む方やダイエットを行われる女性には、生野菜のサラダを食べていることが多くあります。

食べることによって健康になる、あるいはやせると考えておられるのでしょう。

けれど待ってください。

生野菜のサラダは場合によってはあなたの身体を不健康にします。
またやせるつもりで食べていたのに、生野菜によって太っているかもしれません。

東洋医学では生野菜は身体を冷やすものと考えています。ですから生野菜を食べ続けていると、身体が冷えてきます。食べ物を受け取る胃腸が冷えれば、消化吸収能力が落ちてきます。

胃腸は生命を養う根本ですから、胃腸を痛めれば健康になるどころか逆に病気になりかねません。

また東洋医学の脾(西洋医学でいう胃腸)には全身の水をさばく機能があります。脾が弱れば余分な水分を体外に出すことができなくなります。

女性の多くが太っておられるのは、余分な水分を身体に蓄えているからです。水分をさばくための力が低下しているために、身体が太っているように見えるのです。

ですから生野菜を食べればさらに水分を蓄えることになり、やせるつもりが太ってしまいます。

日本は湿気の多い国ですから、空気中からも多くの水分を吸収しています。これに冷蔵庫から出した冷たいものを食べる、甘いものやアルコールをとるなどして余分な水分が身体にたまるのです。

西洋栄養学からみても生野菜は勧められるものではありません。かさは大きく満腹感がありますが、実際の栄養量は微々たるものです。生野菜ばかりを食べていれば必要な栄養が摂取できず不健康になるのは目に見えています。


体温が低い、手足が冷える、下半身がむくみやすい等の症状があるかたは生野菜は食べないほうがいいでしょう。またやせるのが目的であるならば、お米をよくよく噛んで食べるほうが確実に痩せられます。

野菜を食べるのならば、ゆがくなどして火を通すか、漬物などの加工食品にしてから食べることをお勧めします。

【関連記事】

 ■若く長生きするための理論④ 胃腸こそ身体の根本です。
 ■絶食・偏食ダイエットでは美しくやせられません。
 ■効率よくやせる方法
 ■朝ヨーグルトが美容を損ねる



ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/04/16 14:24 ] 美しくなる養生医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。