スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食べるものについて⑪ 良い肉は薬ですが、悪い肉は猛毒です。 

No.5516 陶牛
Photo by (c)Tomo.Yun

健康になりたいけれど肉は食べたいというのが大方の人の気持ちです。
菜食が身体に良いと言われても、美味しい肉をやめたくはないものです。

ですから肉を食べ物ではなく薬と考えることです。そうすると健康に役立つ肉の食べ方がわかってきます。

では健康でありながら美味しい肉を食べる生活をするにはどうすればいいのでしょうか?

大切なことは肉の質を考えて食べることです。

よい肉は身体にとって薬となりますが、悪い肉は猛毒なのです。
米や野菜に良し悪しがあるように、当然肉にも良い悪いがあります。

良い肉とは生産者が手間をかけて育てた家畜の肉です。
家畜にあった飼料を与えられ、十分な広さのある場所で飼育されます。運動をして自然な速度で成長し、そののちに美味しくいただかれるものです。

当然コストがかかるわけですから、良い肉は値段が高くなります。外食チェーンなどでは扱わず、高級料理店などに置かれるのです。このような肉は虚弱な人を補う薬と言えるでしょう。

一方で悪い肉とはどんなものでしょうか。
家畜に合わない安価な飼料を与えられ、ぎゅうぎゅう詰めの場所で飼育されます。運動ができないうえに飼料だけ大量に食べさせられるため、肥満と病気になっています。抗生物質を投与されてかろうじて出荷まで生きているというものです。

工場生産と同じくコストを極限まで削っているため、ファーストフードなどで使用可能です。味については壊滅的ですので、化学調味料を大量に使用してごまかすこととなります。肉の中には脂肪が異常に含まれ、抗生物質が残留しています。このような肉は、もはや食べ物ではなく猛毒と言うべきです。


ここでアメリカの例をあげてみましょう。

アメリカのファーストフードに使われる牛についてです。
まず牛の主要な餌はコーン(とうもろこし)です。コーンといっても日本で食用にされているのとは異なります。カスカスで味は無く人が食べないことを前提に作られているからです。

遺伝子組み換え技術によって、密集した状態で育ち特定の除草剤に強い性質を持っています。畑にまかれたコーンは自然界ではありえない密集状態で茂り、ばら撒かれた化学肥料で成長します。除草剤を散布され、他の植物が枯れていく中でコーンのみが大きくなります。

そうしてできうる限り少ないコストでできうる限り大量の収穫を求めます。できたコーンは通常の食用とうもろこしに比べて栄養価が極端に少なく、動物が食べるに値しないものです。

アメリカの低価格牛はこのコーンを主食として育ちます。できるだけ大量の肉を短期間に回収できるよう、密集して育てられます。運動をせずにコーンを大量に食べさせられるため、牛は異常に肥満しています。

またコーンが牛の飼料として適合していないため、成長するに従い胃酸過多となって胃潰瘍が生じます。これをごまかすために大量の抗生物質が投与されます。そうして通常は2~3年かけて飼育・出荷する牛を、半年程度で出荷可能な状態になるのです。

栄養が無い・大量の除草剤といったコーンの影響は当然牛肉の中に残っています。ハンバーガーを食べた後の毛髪を検査するとコーンの炭素が検知できるのはこのためです。

異常に肥満し病気となった牛の影響、抗生物質の影響も肉に残っています。つまりアメリカにおける低価格肉とは食べ物というよりコスト削減の果てにできた猛毒なのです。

日本でどこでも見かける大手ハンバーガーチェーンの食べ物は外国産の牛を使っているので、肉の質に関しては同程度と見たほうがいいでしょう。

本来的に肉とは手間とコストがかかり、高価なものなのです。それを無理やり低価格で食べようとするために、おかしなことになっているのです。
海外を旅するとわかりますが、多くの国では肉料理は野菜の倍近い値段になります。私自身もインドでは節約のために野菜カレーばかり食べていました。100円でハンバーガーが食べられるというなら、その安さのためにどんなことをしているのか想像したほうがいいでしょう。

医学の古典文献で薬とされているのは、良い育てられ方をされた肉のことです。ハンバーガーや外食チェーンの肉とは異なります。

もしも健康に配慮した上で肉を食べたいのならば、高価な肉を食べてください。安価な肉はお金の代価として、あなたの身体に猛毒を残します。それを知ったうえで食べるかどうかは個人の自由です。

私は安価な猛毒を食べるぐらいならば、野菜や魚を食べることをお勧めします。

【関連記事】

 ■食べるものについて②  人間は何を食べればよいのか。
 ■食べるものについて③ 人によって身体の機能は異なる
 ■食べるものについて⑩ 肉は薬と考えましょう。
 ■百歳長生法 長寿はいかにして得らるるや


ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/02/27 11:51 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(2)

こんにちわ。

この間もコメントしましたが、
スペインの大自然の中で放牧飼育され、太陽をいっぱいに浴びて、ドングリや木の実、牧草や、木の根などを自分で探して食べたいだけ食べて太ったイベリコ豚は、ここで説明されている、良い肉にあてはまるってことですね。
薬と考える、というのは、的を得ていると思います。
良いことを教えていただきました。
ありがとうございます。
トラックバックをしようとしたら、出来ませんでした。

[ 2010/04/07 06:12 ] [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。イベリコフェルミンさま。

諸般の事情によりコメントをお返しするのが遅れましたこと申し訳ありませんでした。

肉は食べるのならば良い質のものを食べることが最良です。

これからも皆さんの健康によいお肉を売られますようがんばってください。

トラックバックの件につきましては、後日調べさせていただきます。
[ 2010/04/08 11:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。