スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

成功法則とスピリチュアリティ(霊性)の違いを知る 

No.2072 プライベートビーチの夕方
Photo by (c)Tomo.Yun

マーフィーや多くの自己啓発本が唱える成功法則といくつかのスピリチュアル本には共通点があります。

それは「思考が世界を決定する」という点でる。

思考によって世界が変わるのなら、思考を変えることによって成功しようというのが多くの自己啓発法です。「思考による原因と結果の法則」に作者独自の味付けが加わり、書店の棚に多数の本が並ぶことになります。

ところでアメリカ系スピリチュアル本のいくつかを見ると、同じようなことが書いてあります。いわゆる「引きよせの法則」や「秘密について」などです。

冒頭からしばらくはスピリチュアリティの話をしているにも関わらず、いつのまにやら健康や富、成功を手に入れる話になっています。スピリチュアリティとは富や名声や健康を手に入れるための最も有効な道具であるような印象を受けます。

では成功法則とスピリチュアリティは同じなのでしょうか。

いいえ。そうではありません。一部が共通しているだけで、それは明白に異なるものなのです。
成功法則とはどのようなものでしょうか。
その始まりとも言われるジェームス・アレンはこう言っています。

「思考が人の行動を作る。人の行動が環境を作る。ゆえに思考を変えれば環境も変わる」と。

また「思考から行動が繰り返されると傾向になる。傾向が繰り返されると習慣になる。習慣がその人の形を作り、人生を決めてしまう」と。

ですから思考をポジティブにして成功した姿をイメージして行動を変えていけば、富や成功・名声・健康がやってくるのです。

人の行動が思考から始まるのならば、それを変えてしまおうという技術が成功法則です。これを実行するためにある人は催眠や自己断言を用い、ある人は瞑想やマントラを使います。


ではスピリチュアルとは何か。
人が全的に幸福になるために道であり、人生という学びのゴールです。

通常の人は考えないことですが、ごく一部の人は生きている中で考えます。
「富も名誉も若さも健康も、全ていつかは無くなってしまう。では私が幸福であるためにはいったい何があるのだろうか」と。

人生の理不尽-事故や病気、愛する人との離別や名誉の失墜-にあうとき、人はその儚さ・もろさを知って、そうではないものを求めるのです。そうして自分が世界であると知ること、平和と呼ばれるものを認識することがスピリチュアリティです。


ではどうしてこの二つが繋がるのでしょうか。

スピリチュアリティの求める「心の作用の止滅」となるためには、こころを静かにしなけらばなりません。このときに憎悪や悪意・嫉妬・執着があっては静かになりません。また負の思考が原因となってよくない結果を招くことを知り、それを捨てていかねばなりません。

スピリチュアリティを学ぶ上で人のこころは徐々に穏やかになり満足感が増していきます。また穏やかな心は身体の健康を呼び込みます。周囲の人に優しくなれますし、結果として金銭や名声が付属することもあります。

つまるところ成功法則とはスピリチュアリティの一部を実利的に解釈をしたツールなのです。スピリチュアリティという大きな部分から、一般の人に活用しやすい部分だけを抜き取ったのが成功法則なのです。


ジェームス・アレンが晩年に書いた『意思と人生の法則』を読めば、彼が成功法則ではなくスピリチュアリティを伝えるために本を書いていたことが解ります。また『原因と結果の法則』においても「大切なのは静かであること。穏やかであること」と再三にわたって書かれています。

成功法則とスピリチュアリティ(霊性)は、その目的と意味が根本的に異なります。あなたが成功法則を求めているのか、スピリチュアリティ(霊性)を求めているのかをしっかりと認識したうえで学ぶ必要があるのです。

ですから本を読まれる際には、その本が成功法則の本なのか、スピリチュアリティの本なのかを目次から確認されることをお勧めします。

スピリチュアリティの本と謳っているにもかかわらず、富や成功・名声・健康を強調するような本は眉につばをつけたほうがよいでしょう。

【関連記事】

 ■怒りは身体の猛毒となります。
 ■愚痴や不満がやめれば人生がひらけます。
 ■努力することにうんざりしているあなたへ
 ■「ただ実行」すればストレスが消える

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/02/21 20:33 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。