スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人間は日に干されると大丈夫 

No.323 輝ける松明

Photo by (c)Tomo.Yun

先週、毎日新聞で連載している「まいにち母さん」(西原理恵子)というマンガで面白い内容がありました。

「なんかつかれた。いろいろと」
そう言って学校に行こうとしない息子に付き合って、西原さんも休日をとります。

二人で温かいうどんを食べてから、公園で散歩。

そこで西原さんが息子に言います。

とりあえず人間は日に干されると大丈夫
落ち込んでいるとき、精神的につらいとき。そういうときは日の光に当たるとよくなります。
太陽の光には人のこころを励まして活力を与える作用があるからです。

紫外線が老化を招く、白内障やガンを誘発するなど最近では何かと嫌われているようですが、実は太陽の光こそ精神の疲れに効く最高の薬なのです。

太陽の光を浴びることによって身体とこころが健康になります。体内時計のリズムを整えて、食べ物の消化吸収を促進します。そして落ち込んだ気持ちを向上させて、再びやる気を取り戻させるのです。

うつうつとして動けなかった状態でも、太陽の光を浴びて青い空をみれば落ちついてきます。「ああ、大丈夫だ。なんとかなりそうだ」という気持ちがこころの中から湧いてきます。

西洋医学でも日照量の減る冬季にうつ病が発症しやすいことはよく知られています。地域的に日照量の少ない北欧では他のヨーロッパ諸国よりうつ病の罹患率が高くみられます。
それらにたいする治療が太陽光を当てることであることも有名です。

私も精神的に調子が出ないときや、うつうつとしたときは、意図して日の光に当たるようにしています。

西原理恵子さんの言われるように「人間は日に干されると大丈夫」ですから、こころが疲れたときは太陽の光を浴びるようにしましょう。


【関連記事】

 ■陽光を取り入れて元気になる
 ■うつは身体の病気です。
 ■誰にでも効く万病の薬

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2010/01/20 15:47 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(3)

お邪魔してます

お邪魔してます
ゆっくりと太陽や青空を見る
心のゆとりがありませんでした
落ち込みそうになったら
思い出してみます。
応援します ポチッ
[ 2010/01/23 07:48 ] [ 編集 ]

初春

寒いですね^^
温かくお過ごしくださいませ

話題違いですが
外国人が日本の政治を
掌握することが可能な法案を通そうとしていますね
東京神社庁でも署名を集める事態です

知らないうちに
外国人が
日本人の生命や財産 国益を管理してしまう可能性のある危険なものです

可決したら日本紙幣は紙くずになってしまうという声も聞こえます

外国人参政権の正しい理解の確認も兼ねて
『外国人参政権を反対する会』のをホームページをご覧になってくださることを願います(こちらのホームページでは反対署名を受け付けています)

また
『ミコスマ』(ホームページ名です)、『日本自治区 地図』や『ある在日三世の告白』、『在日犯罪者リスト』、という言葉をインターネットで検索してくださると日本が見えてまいります
どうぞ日本を理解するきっかけになりますように


話題違いの書き込み失礼いたしましたm(_ _)m

参考になるホームページ
『主権回復を目指す会』
『在日特権を許さない市民の会』
『チャンネル桜』
[ 2010/01/26 09:46 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

はじめまして、トクさん。
コメントありがとうございます。

先週はいろいろと忙しく、返信が遅れまして申し訳ありません。

疲れたときは空を見上げる、雲を見る、鳥の声を聞く。

そんな簡単なことで落ちついてきますよ。
[ 2010/01/26 15:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。