スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

努力することにうんざりしているあなたへ 

No.1658 セレブ時計
Photo by (c)Tomo.Yun

現代の日本は誰もが努力・努力の日々を過ごしています。

金銭・地位・名誉を手に入れるため。未来に来るであろう成功のために。人に笑われ哀れまれないために。脱落者とならないために。

子供は学校で大人は社会で、皆が皆努力し続けているのです。そうしてこころと身体を緊張させ、人生を楽しめず「重い荷を背負うような一生」を暮らしていきます。

もう十分だと思いませんか。努力することにうんざりしていませんか。
「努力して何かになること、何かを達成すること、金銭や地位を手に入れるのはすばらしいことだ」

私たちの社会はそのように叫んでいます。その言葉の裏には「今の自分では不足だ。今のままではだめだ。全然何もかもが足りていない」という現在の否定があります。

子供の頃から親や学校・社会は自己の否定を私たちに押し付けてきました。成功はよい・競争もよい・世の中には優れているものと劣っているものがいる。あなたは優れているものにならなければならない

そのため何かにならなければだめだ。何かをし続けなければならないという強迫観念が常に頭のなかにあるのです。

そのようにして自分が本当に何を欲しいのか考えずに、たくさんの人が走り回っています。

これはひきこもりや薬物中毒などの一見して努力していないように見える人々も同じです。彼らはこころの中で現在の自分を否定し、環境を変えようと努力しています。その努力がこころの中から出ることができず、何もしていないように見えるだけです。

引きこもりの人たちが本当にやりたいことをやっているのなら、彼らは幸福なはずです。ところが引きこもりの多くは不満でいっぱいであり幸福そうには全く見えません。彼らもまたやりたくてやっているわけではないのです。

人間が本当に欲しいものを突き詰めていくと、最後に残るのは幸福です
金銭も地位も健康も、つまるところは幸福を感じるための手段でしかないのです。欲しいものを手に入れる、他人から賞賛される、元気にあふれた身体を動かす。そうしたときに感じるつかの間の幸福を手に入れるために、皆さんは努力しているのです。

どうでしょうか。
一度走ることをやめて努力をとめてみませんか。
仕事をやめたり人間関係を無くしたりするのではありません。
ただ努力の量を減らしてみませんか。その分の時間やエネルギーを静かに座ることにあててみませんか。

静かに座って風の音や鳥の鳴き声、身体を巡る血流や呼吸を観察したとき、 実は幸福とは努力無しに手にはいることがわかります。

【関連記事】

 ■
がんばらないことがあなたを幸せにします
 ■朝に鳥の声が聞こえていますか?
 ■やるべきことが多すぎるのは本当ですか?
 ■愚痴や不満がやめれば人生がひらけます。

ご支援いただけますよう お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
[ 2009/12/19 10:16 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。