スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

政治が乱れると災害が起きるという話 

No.6172 渋谷駅の交差点
Photo by (c)Tomo.Yun

古来より中国では「災異・瑞祥の思想」と呼ばれる考え方があります。

天子(為政者)の政(まつりごと)が善ければ、天はこれを喜んで瑞祥をあらわす。
逆に政が悪ければ、災異をもってこれを戒める。

天地と人の世界には相関関係があり、人の世界が乱れるとき天地もまた乱れるという思想です。

つまり政治が乱れている時代には、災害や天変地異が起きるという話です。
スポンサーサイト
[ 2011/03/02 21:33 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)

学問・技術は名師よりも明師につく 

No.7182 三輪神社 狭井神社
Photo by (c)Tomo.Yun

およそ瞑想や鍼灸に限らず、学問・技術で道をなそうとするのなら師につかなければなりません。無師にて大成するのは一部の大天才のみです。

多くの人は先人が築きあげた足跡を踏むことによって、回り道や失敗を避けることができます。本や聞きかじった知識だけでは、大きな失敗をしたり時間を無駄にすることにつながるでしょう。

ですから必ず良い師を探し、学ばなければなりません。
ではどのような師につくのが良いのでしょうか。

すなわち「名師ではなく明師につくこと」です。
[ 2011/01/08 11:54 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

健康になるのなら正月より始めるのが最良です。 

No.5731 しめ飾り
Photo by (c)Tomo.Yun

正月は一年の最も大きな区切りです。
大晦日をすぎて日が昇れば、新年が始まります。

何か新しいことをはじめる、あるいは悪い習慣を改めるにあたって
正月ほど適切な日はありません。


もしあなたが健康を欲するのならば、正月を転機としてみてはいかがでしょう。
新年より健康に良い生活を始めてみませんか。
[ 2010/12/31 12:09 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

養生法・健康法の怖さを考える 

No.4726 ソウルのビル群
Photo by (c)Tomo.Yun

健康になる方法を伝えることは、とても恐ろしいことです。
なぜ恐ろしいのかと言えば、養生法が誤って伝わるかもしれないからです。

間違った養生法は健康になるどころか害になります。
よく効く薬でも用法・用量を間違うと毒になるのと同じことです。

健康法だから大丈夫。東洋医学だから副作用がないと考えておられるかたもいますが、
西洋医学と同じく、養生法・健康法も使い方を失敗すれば健康を損なうことになります。
[ 2010/12/07 21:53 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

病気を内的に乗り越えることについて 

No.300 天国への高原
Photo by (c)Tomo.Yun

病気は辛く苦しいものです。できることなら完治することが望ましいでしょう。
けれど世の中には治療の難しい病気がいくらでもあります。日本だけでなく世界中で病気により人が苦しんでいます。

そのような難治の病気にかかっている際に「病気は必ず治るもの。こころを使って全力を用いれば打ち勝てるもの」と信じていると、どんどん苦しみが増してきます。

病気が治らないことに苛立ち、他の健康な人を羨やみ、嫌で嫌でたまらなくなってきます。

病気には治癒という外的な乗り越え方だけでなく、受け入れるという内的な乗り越え方があります。受け入れて学ぶことによって、苦しみが少なくなることは確かです。

では病気を内的に乗り越えるとはどのようなものなのでしょうか。
[ 2010/11/27 16:15 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。