スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本当に食べたいものこそ身体に良い食事です。 

No.3043 ブルーベリーの実り
Photo by (c)Tomo.Yun

健康のために・病気治しのためにと、嫌なものを食べてはいけません。
顔をしかめながらの食事や家族と異なる食事は長続きしません。
続かない健康食は無意味なだけでなく、自己肯定感をさげるうえで有害でもあります。

健康になりたいのならば、あなたが食べたいものを食べましょう。
なぜなら本当に食べたいものこそ身体に良い食事だからです。
スポンサーサイト
[ 2011/03/03 20:32 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(0)

食事を変えれば脳の機能が高まる 

No.893 赤き崖肌
Photo by (c)Tomo.Yun

頭を良くしたいという思いは、多くの人が持っているでしょう。

もっと頭の回転を早くしたい。
もっと記憶力をあげたい。
もっと疲労を感じにくいようになりたい。

もしも脳の力を高めたいのならば、まずは食事を変えることからはじめましょう。
なぜならば食事の内容次第で脳の能力は変化するからです。
[ 2011/02/25 14:42 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(0)

病気治しを食べ物に頼りすぎない 

No.4550 味噌椀
Photo by (c)Tomo.Yun


病気を治すため・健康になるために食養生をする。
あるいはサプリメントや健康食品をとる。それはとても良いことです。

けれども食養生をしているから医師にかからなくてもよい。
健康食品があるから治療を受けなくてもよいというわけではありません。

食べ物だけで病気を治すには限界があります。
病気治しを食べ物に頼りすぎてはいけません。
[ 2011/02/09 23:17 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(3)

食事が益から害に変わる理由 

No.1833 アメリカンビーフの故郷
Photo by (c)Tomo.Yun

食事とは外部よりエネルギーを取り入れる行為です。
人は生れてから死ぬまで、食事から得た栄養を使って身体を維持しています。
つまり食事とは身体にとって、益となるものなのです。

ところが現代では食事が病気を作ることも珍しくありません。ガンや糖尿病などの生活習慣病だけでなく、うつのような精神疾患も食事より起こっています。

なぜ身体に良いことである食事が、病気の原因となるのでしょうか。
[ 2010/12/24 14:25 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(1)

薬膳を簡単にするための方法-寒熱- 

No.4275 拙政園
Photo by (c)Tomo.Yun

中国の薬膳を学ぶと、寒熱・燥湿・昇降・収散・五味など様々な言葉がでてきます。全ての食材にはそれぞれの性質があり、その機能を利用して身体を健康にするのです。

けれど一つ一つの食物について、全ての性質を考えながら食事を作るのは不可能です。ですから薬膳の性質について、優先順位を立てて料理をしなければなりません。

では薬膳において最も重視すべき性質とは何でしょうか。
それは自分の身体と食物の寒熱です。
[ 2010/11/10 15:36 ] 長生き食生活 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。